御社のWebマーケティングが成功する3つの条件

私共、マーケティストは御社のWebマーケティングを成功に導くためのサポート(Webマーケティングコンサルティング)を行います。本ページでは「御社のWebマーケティングが成功する3つの条件」と題して、Webマーケティングを成功するのに必要な3つの条件と、私共が御社をサポートできることを合わせてご説明します。長文ですので、Webマーケティングに悩んでいるときにお読みください。何か1つでも読んだ方の気付きになれば嬉しく思っています。

本ページの文章を書いている私共、マーケティストについては「マーケティストとは」を、提供しているサービスについての詳細は「提供サービス一覧」を、相談については「お問い合わせ」をご覧ください。

目次

御社のWebマーケティングは成功していますか?

「どうしてあの会社はWebで成功しているんだろう?」
誰しもが一度は思ったことのある疑問だと思います。

「あの会社はWebで成功しているけど、どうして私たちの会社はWebで失敗するんだろう」
どうして差が出てくるのでしょうか? その答えを持っていますか?

「私たちの会社はWebとの相性が良くないのだろうか」
違います。確かにWebに向かない業種や会社というのはごく一部存在します。しかし、Webで成功している同業他社が一社以上、思い浮かびませんか? あなたの頭の中に一社以上の社名が思い浮かべば、御社はWebで成功する可能性があります。

Webを成功に導くのがWebマーケティングです。御社のWebマーケティングは成功していますか? Webから十分な効果を得られていますか? 満足するWeb活用を行えていますか?

私共は1つでも多くのWebマーケティングの成功を願っています。「Webマーケティングで成功している会社とはどういう会社なのだろうか?」そのような疑問を持って考えたところ、Webマーケティングが成功する3つの条件があることに気づきました。

本ページではその3つの条件について詳しく説明します。まずは成功するWebマーケティングについて説明する前に失敗するWebマーケティングについて説明します。

失敗するWebマーケティングの構図

Webマーケティングでよくある失敗の構図を図と共に説明します。

日々、色んな会社が御社に対して営業活動をします。御社のWebサイトを見て、各社がさまざまな計画の提案をします。ある会社は集客の必要性を感じ「SEOをやりましょう」と提案をします。ある会社はトータルのWeb手法を考え「インバウンドマーケティングがおすすめ」と提案をします。最後の一社は集客ではない「Webサイトリニューアルが必要です!」と提案します。

Webマーケティングでよくある失敗の構図

一見、提案各社がお客様のためを思って、提案をしているように思います。しかし、実際は各社が得意な手法を提案しているだけです。SEOだけしかできない会社はSEO、インバウンドマーケティングを推している会社はインバウンドマーケティング、Web制作会社はWebサイトのリニューアルを提案します。各社、自社の利益が最大化する提案を行います。

提案を受けた会社(お客様)は各社の提案から、どのように決めるのでしょうか。

おそらく「安かったから」「提案した担当者の雰囲気が良かったから」「話題の手法だったから」「知っている会社がやっていて上手くいっていると聞いたから」というような、「なんとなく」や曖昧な理由で提案を選んでしまっているのではないでしょうか。

曖昧な理由で選択した提案を実施し、御社のWebマーケティングは上手くいきますか?

Webマーケティング手法の理解が少ないWebマーケティング会社

本例はお客様自身にも問題がありますが、まずはWebマーケティング会社に頼ることの問題点について説明します。

「Webマーケティング」と言われている分野は実に広域であり、覚えることが非常に多くなっています。例えば集客手法としては「広告」と「広報」という似ているようで全然考え方が違う手法にわかれます。広告と広報の両方を経験している人は少数です。

広告にしても、純広告、リスティング、アフィリエイトなど。広報としてもソーシャルメディアやプレスリリース、SEOなど。さらに分析手法としてはGoogle Analyticsをはじめとした、さまざまな解析ツールがあり、マーケティング手法としてはインバウンドマーケティングや、コンテンツマーケティング、SEMなど…あげればきりがないほど、覚えることが多いのがWebマーケティングです。

ではこれらの手法を「Webマーケティング会社」は全て理解した上で、お客様にとって最も良い提案をしているのでしょうか。ほとんどの場合、そうではなく「Webマーケティング会社」は自社が最も得意な手法を提案しているにすぎません。「Webマーケティング会社」は一部の手法の知識に長けているだけで、それ以外の手法についての理解は驚くほど少ないのです。

Webマーケティング会社が得意な手法を御社が実施することで、御社のWebマーケティングは成功しますか? もちろん成功することもあります。それは御社のWebマーケティング上の課題と、Webマーケティング会社の得意手法で解決できることが一致したときです。それは偶然の可能性はありませんか? 正しい知識に基いて選択することができれば、成功するでしょう。但し、正しい知識がないまま選択をすると、失敗する可能性が高いのです。

医者や薬剤師が薬を処方するときは正しい知識に基づき、患者の症状に合わせて薬を処方するかと思います。薬を選択するのは医者や薬剤師です。正しい知識を基づかない選択をしてしまった場合はどうなるでしょうか。

「Webマーケティング会社」の提案を聞き、それを元に実施するWebマーケティングを決めてしまう危険さについては理解いただけたかと思います。次は「計画」の重要さについての話です。

私共は多くのWebマーケティング手法についての知識があります。今、お付き合いがあるWebマーケティング会社は本当に御社のことを思って、正しい知識があり、最適な提案をしていますか? 御社は成功に遠い手法を実施していませんか? 少しでも不安に思った方はご相談ください。

失敗するWebマーケティングの原因

下記の図は色んなところで用いられるPDCAの図です。計画し(Plan)、実行(Do)、実行した計画を評価し(Check)、改善(Act)していきます。

計画→実行→評価→改善

Webマーケティングの考え方にもよくこの図を用いられて説明されます。計画を立て、SEOやリスティングなどの集客施策を実行し、Google Analyticsなどのアクセス解析ツールによって、効果をチェックし、アクセス解析のレポート内容から計画を改善していく…。

一般的にPDCAで強調されるのは「改善」です。しかし、実は最も大事なのは「計画」です。なぜなら計画がそもそも間違ってしまっては、計画の改善を行うのはとても難しいからです。

よくあるWebマーケティングの失敗例

私共はさまざまなWebマーケティングの実例を見てきました。その中での失敗例をいくつか紹介します。

【失敗例】SEOをしばらく行っているが、まったく上位表示しない。
【原因例】そもそも上位表示しにくいサイトである。

【失敗例】SEO施策の結果、ある程度の上位表示はしたが、売上が上がらない。
【原因例】上位表示させるキーワード選定が間違っている / サイトに原因がある

【失敗例】リスティング広告を出したが、効果が出ない。獲得単価が高い。
【原因例】検索されにくいキーワードを入札する必要があり、リスティングに
向かない商材である / 検索されにくいキーワードを入札している /
すでに高騰しているキーワード群である / サイトに原因がある

【失敗例】バナー広告を出稿したが、反響が全然ない。
【原因例】バナー広告の出稿先が間違っている / サイトに原因がある /
バナー広告では費用対効果が合わないWebビジネスである

これらの失敗には共通点があります。いずれも選択するWeb集客手法が間違っていることが原因です。Web集客手法の選択という「計画」が間違っていることにより、失敗が起きています。

いくらSEOに力を入れて予算を掛けても、上位表示しにくいサイトでSEOを行ってしまっては努力が実を結ばないでしょう。もしかすると、ソーシャルメディアによる集客のほうが楽であり、効率が良かったかもしれません。時間や予算は有限ですので、最も効率の良い手法を実施するべきです。

間違った計画が生まれる過程

なぜ間違ったWebマーケティングの計画が生まれてしまうのでしょうか

それは社内にWebマーケティング担当者がいない、または担当者はいるが、知識が少ないことが要因です。社内にWebマーケティング担当者がいない会社は外部の「Webマーケティング会社」の提案によって、Webマーケティングの計画から手法までを決めてしまいます。

外部のWebマーケティング会社が全て悪いわけではありません。中には質が良い素晴らしいWebマーケティング会社もあります。ところが存在するWebマーケティングの会社の多くは質の悪い会社です。質の良い会社を見極めることはWebマーケティングの知識がない会社には難しくなっています。また、質の良い会社は料金が高い場合が多いでしょう。さまざまな提案がある中、料金が高い会社は実施しない場合も多いでしょう。そのため知識がない会社は、おおむね質の悪いWebマーケティング会社とお付き合いをするケースが多くなっています。

Webマーケティングで成功している会社はWebマーケティング担当者がおり、Webマーケティングに対する戦略を持っています。外部に依頼するときは、Webマーケティング担当者が目的や目標を定めた提案依頼書(RFP)を作り、提案を依頼したり、運用を頼みます。

Webマーケティングで失敗している会社はWebマーケティング担当者がいません。あるいは未熟なWebマーケティング担当者しかいません。Webマーケティングに対する戦略もありません。そのため、外部に提案を依頼するときも提案依頼書(RFP)はなく、目的や目標はぼんやりしています。

そのような状況になると、前述したようにWebマーケティング各社が自社の利益を第一に考えた提案を行い、提案を受けた会社は「なんとなく」どれかの提案を言われるがままに実施し、失敗してしまうのです。

外部にWebマーケティングを丸投げしてしまっている多くの企業は、Webマーケティングに失敗しています。外部に丸投げして、成功するときもあります。しかしそれは一過性の成功であり、継続の伴わないものです。外部会社の活躍による成功は内部にノウハウが溜まりません。

内部にノウハウを溜めるためには、ノウハウを溜めるWebマーケティング担当者が必要です。策定したWebマーケティング戦略を支えるWebマーケティング担当者が必要です。

Webマーケティング成功の条件1
社内に知識を持ったWebマーケティング担当者がいる

最適な計画を立てることはできていますか?

よくあるWebマーケティングの失敗例」から計画の大事さをわかっていただけたかと思います。「Webマーケティング手法の理解が少ないWebマーケティング会社」からWebマーケティング会社に頼りきりになってしまってはいけないことをわかっていただけたかと思います。

Webマーケティング会社に頼りきりになってしまうのが危険だという現状の中で、計画を決めるのはお客様自身であるべきだと思っています。お客様自身が策定した計画を元に、内製をするか、あるいはWebマーケティング会社とお付き合いをするべきです。

しかしながら、知識がないと最適な計画を考えることは難しいのです。「よくあるWebマーケティングの失敗例」で書いたように計画が悪いと他もダメになってしまいます。

そこでマーケティストでは、最適な計画が立てられるように私共がサポート(マーケティングコンサルティング)を行うサービスを用意いたしました(Webマーケティングコンサルティング&運用サービスのページへ)。私共は、PDCAの前にまず診断(Diagnose)を行います。診断を行い、診断結果を元に私共が計画を立てます。お客様自身にあった提案、計画、戦略の策定には診断が重要だと考えています。

診断→計画→実行→評価→改善

最終的にはお客様自身で計画を立てられるようになることが理想ですが、なかなかすぐに最適なWebマーケティングの計画を立てることは難しいと思います。そこで私共が御社に最適な計画がいずれ立てられるようにWebマーケティング担当者の育成を行います。お急ぎの方はぜひお問い合わせください。

たくさん試している会社がWebマーケティングで成功している

現在、Webで成功しているように見える会社でも、過去には何度も失敗がありました。失敗する度に学び、自分たちに合う手法を見つけてきた経緯があるはずです。

Webのおける目標と計画を定めます。その目標に沿っていると考えられる手法はどんどん試しましょう。

Twitterが話題になったら、Twitterを試し、Facebookの日本語版が発表されたら、Facebookページを試し、LINEが世間に浸透してきたらLINEを試し…。一見、この行動は節操のないように感じますが、どんどん試すのは良いことだと思います。この中から自社に合う手法を見つけていけばいいのです。

但し、例えばFacebookに熱を入れすぎて「これからはFacebookの時代だ!!」と声高に宣言し、Facebookページの更新と、「いいね!」獲得と、エッジランクの向上を目指すことしか行わなくなる、というような行動は大変危険です。Facebookページはもちろん重要な手法ではありますが、あくまで数多くあるWebマーケティング手法の1つに過ぎない、という認識でいるべきです。

この文章を読んでいるあなたが経営者であれば、Webマーケティング担当者の挑戦はどんどん許容しましょう。ブランドに傷がつきすぎるような失敗は避けるべきですが、そうならない範囲でまずはやってみることが大切です。

私共は「事例がないときこそ、挑戦する」ということが大事だと考えています。私はTwitterやFacebookが話題になり始めた頃、ソーシャルメディアの導入を提案してみたことがありました。しかし多くの会社は「前例がないから」という理由で断りました。ところが時は流れ、多くの会社でソーシャルメディア活用の前例ができた頃、断った会社がTwitterやFacebookのアカウントを開設したのです。

何事にも参入に最適な時期というのがあります。私がおすすめした頃は企業アカウントが珍しく、TwitterやFacebookページを始めただけでフォローやファンの獲得は容易な時代でした。ところが今は、数多くの企業がTwitterやFacebookページを行っているので、フォローやファンの獲得は以前よりも難しくなっています。結果論ではありますが、私が提案した頃に始めることができればもっと容易にソーシャルメディアで成功していたと思います。

Webマーケティング成功の条件2
たくさんの手法を試している

もし、「たくさんの失敗を試す時間がない」「失敗しそうな確率が高い手法があればあらかじめ知りたい」ということがあれば、私共を頼ってください。あらかじめ失敗確率の高い手法は避けることと、試すべき手法をアドバイスできると思います。100%成功する手法をおすすめできる自信はありませんが、経験に基づき、より成功確率の高い手法をアドバイスできる思っています。お困りの方はお問い合わせください。

「成功」とは目標を達成すること

本ページではWebマーケティングにおける「成功」について説明しています。では「成功」とは具体的になんでしょうか。「成功」とは目標を達成することです。「目標を達成する」ということに関して、考えることは二つです。できるだけ適切な目標を立てることと、立てた目標を達成することです。

適切な目標を立てること

目標がない場合、何を指針にして行動して良いかわかりません。誤ったWebマーケティングの目標を立ててしまうと、Webで本当にしたかったことができないままで終わってしまいます。目標はできるだけ適切に立てるべきです。

分譲マンションのプロモーションをWebで行うとします。このとき、プロモーションの最終的な目標は分譲マンションの購入です。しかし、Webプロモーションの目標を分譲マンションの購入に設定すると失敗します。Webページの購入ボタンから数千万円のマンションを購入する人はまずいないからです。分譲マンションのWebプロモーションでの一般的な目標は「資料請求」や「モデルルーム来場見学」の獲得です。この目標であれば、一定の割合で目標数を獲得することができるでしょう。

立てた目標を達成すること

適切な目標を立てた後はいかに目標を達成するが大事になってきます。目標を達成するにはさまざまな方法がありますが、時間と予算は有限なので可能な限り、効率の良い方法で行うべきです。

例えば、目的地に行くには飛行機・船・電車・バス・レンタカーの中で複数の交通手段を使えるとします。この際、予算や目的によって、選択する交通手段が異なります。予算が多くあればできるだけ早く着く交通手段を選択するでしょう。予算が少なければ、限られた予算の中でどの交通手段を選択するかを考えるでしょう。与えられた目標や条件によって、最も効率の良い手段を選ぶことが大事になってきます。

立てる目標が違う。だから完璧なWebマーケティング手法は存在しない

各社、Webでの目標が違います。目標が違えば、行うことが違い、最適な計画も違います。計画を元にWebマーケティング手法を考えます。そのため、どの会社でも成功するWebマーケティング手法は存在しません。あくまで自社での最適な手法は自社で見つけていくしかないのです。完璧なWebマーケティング手法は存在しません。Webマーケティングの決定版も存在しません。

「Webで何を達成するのか」というWebでの目標を設定することが大切さが理解いただけたかと思います。では、立てた目標を達成するためにどういう行動をするのか。それが計画です。計画については「よくあるWebマーケティングの失敗例」「間違った計画が生まれる過程」「最適な計画を立てることはできていますか?」で書きました。そしてそれら目標から計画まで全てを網羅したWebでのマーケティング戦略です。

Webマーケティングで成功している会社は必ずWebマーケティング戦略があります。Webマーケティング戦略がある会社はどの手法を実施するかの方向性がぶれません。個々のWebマーケティング手法が成功しても失敗しても、社内にノウハウを溜めます。ノウハウを溜めれば溜めるほど、一歩ずつ全体的な成功に近づけます。外部のWebマーケティング会社とお付き合いするときでも、戦略を元に提案依頼書を提示することができるので、外部会社に振り回されることもないでしょう。

Webマーケティング成功の条件3
Webマーケティング戦略がある

私共は前述したPDCAに診断を追加し、改めて組み直した結果を「理想のWebマーケティングフロー」と以下のように定めました。

診断・調査→戦略策定→実施・運用→評価

まずは現状「診断・調査」します。その状況を元に「戦略策定」を行い、「実施・運用」し、最後に「評価」します。評価を元に戦略を修正したり、または実施を進めていきます。このようなフローを取ることによって、Webマーケティングをできるだけ無駄なく、成功に近づけていけると考えております。

「御社のWebマーケティング成功する3つの条件」まとめ

最後に「御社のWebマーケティング成功する3つの条件」のまとめです。

  1. 社内に知識を持ったWebマーケティング担当者がいる
  2. たくさんの手法を試している
  3. Webマーケティング戦略がある

会社のWebマーケティング全体を外部会社に丸投げして短期的には成功するときもありますが、中長期視点では失敗するでしょう。残念ながら外部の会社はお客様の利益よりも、自社の利益を再優先します。また、外部会社に頼み続けると、社内にノウハウが溜まっていきません。社内にノウハウを溜めていくためにはWebマーケティング担当者が必要です。

会社の代表者や経営陣と、Webマーケティング担当者で会社におけるWebマーケティング戦略を作りましょう。まずは目標と計画、予算は入れましょう。目標と計画と予算があれば外部Webマーケティング会社に対して、提案依頼書を提出が可能です。

Webマーケティング戦略を元に、色んな手法を試してみましょう。目標と照らしあわせて、目標を達成する可能性がある手法を試してみましょう。目標と合わない手法は手を出す必要がありません。Webマーケティングはさまざまな手法がありますので、「やらないこと」を決めるのも大事です。

私共、マーケティストは御社のWebマーケティングを成功に導くためのサポート(Webマーケティングコンサルティング)を行います。御社の事業内容をお伺いし、診断を行い、Webマーケティング戦略を策定します。適切な目標を立て、目標を達成するための計画を立て、効率の良い手法を選択し、実施します。運用を行うことも可能です。Webマーケティング担当者がいなければ、育成も行うことも可能です。Webマーケティングでお困りの方、まずはお気軽にご相談ください

次はこちらのページもご覧ください